なぜ沖縄の海はこんなにも綺麗なのか

プランクトンの量が少ないので透き通って見える沖縄の海

綺麗な海の一つとして、沖縄の海が存在しており、多くの人に感動を与えています。沖縄の海が綺麗な理由の一つが、プランクトンの量がとても少ないことです。他の海ではどうしてもプランクトンの量が多いので濁ってしまい、あまり綺麗に見えないです。しかし、沖縄の海はプランクトンの量が少ないため、透き通って見えるのが大きな特徴になります。プランクトンが少ない理由は、黒潮海流が大きな影響を及ぼしています。黒潮海流は海流の中でも栄養素が貧しく、プランクトンの量が少ないです。沖縄周辺の海は黒潮海流が大きく関係しているので、このようにプランクトンが少なくて透き通って見えるようになっています。その他にも、沖縄の海はプランクトン発生に必要な有機物も少ないので、透き通っています。

サンゴの存在がとても大きい沖縄の海

沖縄の海が綺麗な理由として、サンゴの存在が大きく関係しています。サンゴは水中の二酸化炭素を吸収し、光合成によって酸素やミネラルなどの栄養素を放出します。汚い海から綺麗な海に浄化する役割をサンゴが果たしているので、綺麗な海には欠かすことができないです。沖縄の海はそんなサンゴが大量に存在しており、綺麗な海を保っています。世界中に約800種類以上のサンゴがあるなかで、沖縄の海には約200種類ほどのサンゴがいて、色や大きさなどが異なります。幻想的な色のサンゴが非常に多いので、これも沖縄の海が綺麗な一つのポイントです。このように、サンゴによって沖縄の海はとても綺麗な状態が保たれており、たくさんの人を魅了しています。

西表島は多くのマングローブが密集しており、秘境のような風景が広がります。西表島のツアーなら、秘境を探検している気分を味わえます